カメオのブローチの買取

ブローチといえば、パッと思いつくのがカメオのブローチ。

カメオの歴史はとても古く、古代エジプト時代にできたそうです。

青や赤の縞メノウのストーンカメオと、貝を使ったシェルカメオがあり、手彫りのカメオは世界に一つだけと特別感のあるところなども魅力の一つだと思います。

カメオには作家がおり、無銘のカメオと銘があるカメオがありますが、銘があるカメオのブローチについては、高値も買取が期待できます。

変わらぬ人気で需要のあるイギリスではかなり大きな市場と言われている様で、日本でも買取られたカメオのブローチの中でも、海外市場へと流れていくものも多いのかもしれません。

カメオのブローチを買取してもらう時に気をつけるポイントは、まずはカメオのブローチを正しく査定できる買取店を見つけるということです。

カメオのブローチというのは、好きな人は好き、興味の無い人にとっては全く見向きもされないという極端な好まれ方をされるものです。

カメオを専門的に買取をしているお店は、その後の販売ルートが確保されていることが考えられるので、他の買取店とは買取価格にかなり差が出ることが期待できます。

メノウのカメオには手彫りと機械彫りがあり、基本的に作家が1枚目を手で彫り、複写で原版を作って、機械彫りで大量生産をするということもあります。

1枚目の手彫りのものは高い価値がありますが、大量生産された機械彫りのものはやはり安価になる可能性が高いでしょう。

ただし、機械彫りが悪いというわけではなく、カメオに関しては、芸術性が関係してきますので、そのデザインの価値を査定する人が、どの様に感じるかということも影響してきます。

参考記事紹介⇒カメオのブローチで、k18はない物って、価値ありますか?

Posted by 2015年5月22日 Category: カメオの買取